ダイヤモンドの名門・トルコフスキー家

トルコフスキー一族は、6代前から一貫して、ダイヤモンドビジネスに

携わり続けてきました。

 

初代アブラハム・トルコフスキーはアントワープにて、一族による研磨

工場を設立。今日の礎となりました。

 

2代目モーリス・トルコフスキーは世界で最も古いアントワープのダイヤ

モンド取引所初代会長を務め、インド領事官に任命。

 

3代目のポール・トルコフスキーと親交の深いベルギー王室からは、

多くのダイヤモンドジュエリーの依頼を求められました。

 

そして、4代目のマルセル・トルコフスキーは、ダイヤモンド研磨に

数学者として画期的な発想を取り入れた"アイデアル・ラウンドブリリ

アントカット"を発表。

 

5代目、ジーン・トルコフスキーは第二次世界大戦の混乱を乗り越え

世界でのダイヤモンド産業創設や取引所発足に尽力しました。

 

そして、一族屈指の技術を持つと言われる6代目、ガビ・トルコフスキー

は数々の歴史的なダイヤモンドをカットし、現代最高のマスターカッター

として活躍しています。