ダイヤモンドをカットすることは、音楽を作曲することに似ています。

 

五線譜に音符を描き込むように、ごくごく小さな面を組み立てて、

類まれなる美しさを生み出していきます。

心地よい曲が流れるように、光が束となってダイヤモンドの内側、

そして周囲へと伝わっていきます。 

ダイヤモンドの光が奏でる曲は、たくさんの鏡のように、

きらきら輝き炎のように動き七色の光を放ちます。 

 

その光の流れはほんの一瞬。

二度と同じものはなく、まるで生き物のようです。

 

それぞれのダイヤモンドが新しいメロディであり

それぞれが比べようもないほど美しいのです。

 

ダイヤモンドが生み出す、目を見張るような歓びと愛を

皆さまとともに分かち合えますように ...。

 

ガビ・トルコフスキー